1. ホーム
  2. 津軽事業部トップ
  3. 津軽事業部とは
  4. 設立背景

設立背景

 津軽地域は青森県西部に位置し、岩木川に形成された肥沃な津軽平野のもとで、米とりんごを主体とする農業生産と教育、文化、流通などの都市機能とが調和のとれた対応をなしている地域であります。さらに交通体系の整備、第二次産業の導入など、定住基盤の強化を図ることにより、今後の発展が期待されるところです。
 この地域は近年の人口の増加に加え、生活水準の向上、都市機能の発展などを反映して、水需要は年々着実に増加し、今後も引き続き増大することが見込まれることから、新規水源の確保が地域共通の課題となっておりました。また、地域内の水道水源として表流水を利用しているのは、弘前市、黒石市、五所川原市の 3市のみであり、他の町村においては水質、水量共に不安定な地下水に全量を依存しており、安定した水源である表流水への転換が急務の状況でありました。
 このようなことから、関係市町村は共同して新規水源を建設省の浅瀬石川ダムに求めることとし、昭和47年11月16日、浅瀬石川ダム上水道事業促進協議会を設立し、内部的な調整、協議を進め、昭和49年4月27日、関係市町村間で水道用水供給事業に係る基本協定について合意しました。同年7月4日、3市 6町2村による浅瀬石川ダム水道企業団(昭和55年4月28日名称を津軽広域水道企業団に変更)を設立し、同年8月7日に水道用水供給事業の認可を得て、昭和56年より各施設の建設を進め、昭和63年11月1日から水道用水の供給を開始しました。