1. ホーム
  2. 西北事業部トップ
  3. 西北事業部とは
  4. 設立背景

設立背景

 当事業部は津軽半島西北部に位置し、木造町・森田村・柏村・稲垣村・車力村及び市浦村の6町村で構成されていましたが、平成17年2月、町村合併により市浦村を除く5町村が合併して「つがる市」となり、同年3月市浦村が五所川原市と合併して新「五所川原市」になったことから2市で構成され、1級河川岩木川をはじめ、近隣の中小河川及び地下水を水源として末端給水事業を経営しています。
 当事業部の行政区域面積は、青森県全体の3.8%に相当する365.43平方キロメートルを占め、平成19年度末における行政区域内人口は41,401人で県総人口の2.9%を占めています。気候は、日本海の影響を強く受ける日本海側気候で四季を通じて変化に富み、比較的しのぎやすいものの、
 冬期間は日本海の湿気を含んだ北西の季節風が強く降雪の多い地域です。基幹産業は、岩木川流域に形成された肥沃な津軽平野にあって稲作を中心として、スイカ・メロン・りんごなどの果物栽培も盛んに行なわれ全国的な流通を展開しています。
 近年、当地域は、社会環境の変遷とともに水源である河川の水質汚濁が進行し地下水にも水量不足が生ずるようになりました。また、産業経済の発達により水の需要が年々増加傾向にあるため、新たな水源開発に迫られていました。そこで、旧6町村はこの問題の解消を図るため旧建設省が岩木川総合開発の一環として進めていた津軽ダム建設計画に共同で利水参加することとしました。国庫補助事業の採択要件を満たすため、平成5年11月には津軽広域水道企業団に加入して西北事業部を組織し、平成6年4月から本格的な事業に着手し、施設の整備を進めてきました。しかし、津軽圏域における水需要の見直しにより余剰水量が発生したため津軽ダムを撤退(H19.8.21変更告示)し、浅瀬石川ダムを水源とする津軽広域水道企業団 津軽事業部からの受水に向け現在作業を進めています。