1. ホーム
  2. 企業団とは

企業団とは

津軽広域水道企業団は、地方公共団体である一部事務組合として、県、市町村と同様に法人格を有しております。一部事務組合の中で水道・ガス・交通事業等、地方公営企業の経営を行うものを地方公営企業法において「企業団」と呼称されており、企業長を長とする執行機関(事務局)のほか議会を設置し、その運営を行っています。

なお、執行機関には、企業長が議会の同意を得て選任した監査委員が2名置かれています。

平成26年4月22日現在

役 職 氏 名 備 考
企業長(弘前市長) 葛西 憲之  
副企業長(平川市長) 長尾 忠行 津軽事業部担当
副企業長(つがる市長) 福島 弘芳 西北事業部担当

 津軽広域水道企業団は津軽事業部、西北事業部の二つの事業部で運営し、津軽事業部は水道用水供給事業を、西北事業部は水道事業(つがる市、旧市浦村への末端給水事業)を行っており、水道事業会計を事業部制で行っております。

  • 平成28年4月1日現在 組織図