1. ホーム
  2. 津軽事業部トップ
  3. 水質・水源
  4. 水質管理体制

水質管理体制

水質管理体制

水道企業団では、常に安全でおいしい水を供給するために、水源から浄水場、各水道事業体への引渡し地点までさまざまな水質検査を行い、水道水の水質管理に万全を期しています。

水源の水質監視

水源域の水質保全状況及び水質変動を的確に把握するために、定期的に調査、水質試験を行い、水源を監視しています。

写真左:河川の水質調査 写真右:ダム水自動観測装置

浄水場等の水質監視及び管理

浄水場では浄水処理工程を魚類監視装置や自動水質計器、職員による水質チェックなどにより、監視及び管理しております。各水道事業体への引渡し地点においても自動水質計測装置により24時間連続監視をしております。また、1ヶ月に1回は検査機器による水質検査を実施し、より安全でおいしい水づくりにつとめています。

写真左:原水水質自動監視装置(メダカ) 写真右:浄水場連続水質測定機器
写真左:ガスクロマトグラフ質量分析計 写真右:誘導結合プラズマ質量分析計
写真左:イオンクラマトグラフ 写真右:分光光度計・全有機体炭素計
写真左:液体クロマトグラフ 写真右:細菌検査

水道水の異臭味発生に関する報告書について

「津軽広域水道企業団津軽事業部における水道水の異臭味に係る危機管理検証委員会」にて、水道水の異臭味発生に関する報告書を作成しましたので掲載します。

  • 津軽広域水道企業団(津軽事業部)における水道水の異臭味発生に関する報告書
  • 水源将来水質予測に基づいた浄水システムについて

    水道企業団では平成24年の異臭味発生を受けて、将来にわたって安全・安心な水道水を供給し続けるために、水源である浅瀬石川ダム湖の将来予測される水質に応じた浄水場の最適な浄水システムについて検討を行い、今後の方針を決定しましたので掲載します。

  • 水源将来水質予測及び浄水システムについて