1. ホーム
  2. 【津軽事業部】総合浄水場における放射性物質検査の終了について

【津軽事業部】総合浄水場における放射性物質検査の終了について

◎放射性物質検査の終了について

平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故に伴い、津軽広域水道企業団・津軽事業部・総合浄水場では、水道水中の放射性物質のモニタリングを実施しており、その検査結果は、いずれも不検出であることや、厚生労働省などで実施してきた検査結果を踏まえ、モニタリングについては、令和元年度で終了します。

なお、平成23年3月25日からの検査結果や関連情報については、「放射能水準の検査結果」に掲載しています。

今後は、県が実施している「環境放射能水準調査」や「農林水産物の放射性物質調査」の結果を確認していくとともに、放射性物質が、再度、大量に放出される事態となった場合には、水道水の安全性確保のために、緊急の検査を実施することとします。